古くなった自転車チューブ

皆さんのカラダにある筋肉。
ゴムのようだと表現されることが多いと思います。

日頃のクセや使い方で肩こりや腰痛、肘や膝などの関節が痛くなったりするのは硬くなった筋肉が原因であることも。
そしてその筋肉を伸ばそうと思ったらストレッチしようと思いますよね。

美軸ラインストレッチに初めて参加されるお客様からの感想で多いのが。。

「カラダはすっきりしたけど、、疲れた。。^^;」

世に出ているストレッチのイメージはリラックスした感じかと思います。
筋肉を緩めるのですから、ストレッチ=リラックスするなんでしょうね。

しかし、リラックスを求めて美軸ラインストレッチに入ると上のような感想が出てきてしまうのです。

 

ちょっとここでイメージしてみましょう。

古くなった硬い自転車のタイヤチューブを、両手で“よいしょ!”と伸ばすときに、あなたはどうやって伸ばしますか?

何となく引っ張るだけではあんまり伸びそうにないですよね。

では、こうしましょう!
片方を誰かに持ってもらいましょう!

筋肉モリモリ💪の人と可愛らしい子供👦

さて、どちらに持ってもらいます?

硬くなったチューブを伸ばすためには、筋肉モリモリ💪の人に持ってもらわないと伸びそうにないですよね。
小さな子供👦では一緒に引っ張られてしまいます。

そうなんです。

ガチガチに固まった筋肉を伸ばすには、片方をしっかりと固定しないと伸びやしないのです。
しかし、私たちの筋肉はカラダの中に入っているので、片側を誰かに持ってもらうことはできません。

どうしましょ?
パーソナルトレーナーに頼んでみましょうか?

パーソナルトレーナーの方にやって貰うペアストレッチなら、彼らは固定すべき所を手伝ってくれるので受ける側は「固定する」苦労をあまりせずに伸ばすことができます。

でも、自分で行う事ストレッチでは自分以外に手伝ってくれる人がいません。

大事なのは。

ご自身の筋肉を使ってゴムの片方を固定することなのです。
筋肉モリモリ役の人をご自身のカラダの中に登場させるのです。

ほとんどの筋肉は骨から骨につながっていて関節をまたいでいます。
勝手にポツリと居る筋肉はありません。

筋肉がつながっている片側の骨を、ご自身の筋肉で固定するのです。
筋肉モリモリの人に固定してもらう感じですね。
でも、固定するために使っている筋肉が弱ければ、、
それが「疲れた〜」という感想につながるのだと思われます。

でも疲れるからやらない!と言うのであれば、可愛い子供に持ってもらうのと同じ。
あなたの筋肉をしっかりと最後まで伸ばすことはできないでしょう。
グッと固定することで、その筋肉が端から端まで全部ストレッチできるのです。

だから、初めて美軸ラインストレッチを受けて「疲れた~」と言う人は、ある意味ストレッチができている人なのです。
やっているうちに骨を固定する(支える)ための筋肉も出来上がってくるオマケつきですしね。

これは美軸ラインストレッチを体験されている方はわかる感覚だと思います。
何となく伸ばすストレッチとの違いを。

え?こんなに??

うわー!伸びたぁ~!!

という感覚を美軸ラインストレッチで是非とも味わってみてください。

ストレッチは誰にでも簡単に取り組めるようで、非常に奥深い世界なのです(^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP